特定商取引法 氏名等の明示

会社名、商品の種類、特定負担のあるビジネスに勧誘する旨を伝える義務があります。



「副収入の話がある」「久しぶりにお茶でもどう」「聞いてほしいことがある」などと呼び出され、指定された喫茶店やレストランに行ってみると、知らない人が同席していて、「実は儲かるビジネスがある」などと会員登録を迫られる。

このようなケースは、目的を隠した状態で、相手を呼び出し、出会った当日に、いきなりビジネス登録や商品購入を迫っています。



行政機関において、これら全ては「苦情」扱いとなり、主宰会社が業務停止を受ける原因となります。

個人の軽率な行動が、会社全体に影響するので、メンバーの勧誘の仕方に注意を払う必要があります。

相手が納得せず嫌がっている状態で、強引にビジネス登録させたり等の苦情に繋がる行為は、人間関係が損なわれ、会社全体のマイナスになることを肝に銘じておきましょう。